丹生管省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)

丹生管省符神社
三社

右端(中央も同じ)

左端

丹生管省符神社は弘仁七年(816)空海によって創建された、地主神である丹生都
比売大神(丹生明神)の御子、高野御子大神(高野明神)が化現(姿を猟師に現わし)
狩場明神となり、従えていた白・黒二頭の犬を放たれ、空海を高野山へと導かれ
た。狩場明神の尊い導きにより、開山する事が出来た高野山。仏教・真言密教の
布教の基となった狩場明神との運命的な出合い。空海はその思いを政所として慈
尊院を開いた時、参道中央、正面上壇に、丹生・高野明神社(現丹生管省符神社)
を創建奉祀され、諸天善神への祈願地として、また高野山町石道の登山口、導き
の神、禊の神として厚く奉拝された。そしてこの地を天と神に通じる地、即ち神
通寺の壇と称され、慈氏寺の壇と併せて萬年山慈尊院とされた。
                     *丹生管省符神社の御由緒から*